オリーブ農園「SOUJU」へ行ってきました!

こんにちは。広報のウエスギです。

今年も10月29日(土)〜11月13日(日)の期間でオリーブフェアが開催されます!

今年で有難い事に3度目となるオリーブ農園SOUJUさんとのコラボイベントですが、3年目にしてやっと香川の農園に伺うことが出来ました。

毎年この時期に別のスタッフが農園には訪問させて頂いているのですが、僕自身なかなかタイミングが合わず念願の産地視察です。

その日は天気も最高で!気温も過ごしやすく!オリーブのシルバーグリーンが眩しく光り!

あと、うどんが本当にまあ美味しい日でした!

そんな悲願の農園訪問レポートを本日は綴りたいと思います!

 

農園のある国分寺町周辺は盆栽の歴史が深い土地としても有名で、松盆栽の一大産地です。

dscf2014

こちらSOUJUさんのところにあるオリーブ盆栽。かっこいいですね。

 

SOUJUさんも元々は盆栽園でしたが、今やオリーブ農園として確立しています。その理由は何かと伺った際に、園主の間嶋さんは

「面白いことをして驚かせたい。サプライズを感じる商品作りをしたい。」

という想いがあり、それがオリーブに特化した今の農園へと成長させたそうです。

最初の2〜3年はブルーベリーやアカシア、ユーカリなども並行してやられていたそうです。しかし当時(約20年前)は今と違ってオリーブの木を観賞用として扱っている所は他になく、元々の盆栽園としての知識や技術を生かす事が出来た上に、他の植物と違ってオリーブが「鉢物」としてのアピールができた事も今の確立されたスタイルに繋がりました。

dscf2013

その後の加工品の展開としてもやはり「他にはないものづくりを」という想いが根底にあり、毎年フェアでも販売している「オリーブオイル」や「塩蔵」といったオリーブの実を使ったお馴染みのアイテムをはじめ、今年はオリーブオイルを配合したリップクリームなど新しい試みを生かした商品も数多く展開されています。

dscf1991

鉢物に関しても、デザインを考え、苗木の内からそれに沿った剪定を行い、その中でいかに面白さを表現するかを毎年イメージしながら育てていらっしゃるそうです。

まだ試作段階ではあるようですがドウダンツツジのように高い位置で葉が広がるシルエットのものなど、他では見ない面白いデザインをしたオリーブの木が農園では試行錯誤されていました。

dscf1982

dscf1947

やはり、そうした新しい事に挑戦するのにはそれ相応の失敗も多々あるそうです。

しかし、一見無謀とも言える試みでも「今日の滅茶苦茶は明日の当たり前やから」と、そうする事で地方にいながらも日本中と勝負できる楽しさが味わえると間嶋さんは笑いながら仰っていました。

植物の新しいアプローチでお客様を驚かせて喜ばせるといった考えはFUGAの中でも勿論通ずる部分があり、一つの指針にもなっているのですが、その言葉の「覚悟」と「自信」がとてもカッコよく見え、聞いている僕が何だかワクワクしてしまいました。

そんなシンプルな考えの元で展開するイベントの一つがこの「オリーブフェア」です。

今年もどのようにして多くの方に驚きを与え、楽しんで頂く事ができるのかをSOUJUさんと共に試行錯誤して企画しました。

FUGAとSOUJUの「驚かせて喜ばせる」オリーブフェア、ぜひ遊びにいらしてください!

dscf1959

ちなみに最近、間嶋さんは今話題のドローンを買った様で、ピッカピカのドローンがオフィスで大事に飾られておりました。

近日、農園の上空にドローンを飛ばして、オリーブ農園の広大さやシルバーグリーンに輝く景色を空から撮影するようです。

もしかしたらオリーブフェアで空から見たオリーブ農園の映像が上映されるかもしれません。

空撮好きの僕としては個人的にそれが一番楽しみです!

s__933890

{ Comments are closed! }