You are currently browsing the FUGA BLOG blog archives


春の花「ラナンキュラス」

先日、長野は松本にありますラナンキュラスの生産者グループ「フラワースピリット」さんに視察訪問に伺いました。

長野はこの日朝方で-7℃と、とても寒かったのですが、天気にも恵まれ信州を代表する山脈「日本アルプス」も綺麗に見えました。

DSCF7060

 

朝4時半に東京を出て8時半に長野県松本市のフラワースピリットさんに到着。

集荷所では早くも生産者さん達がその日出荷予定のラナンキュラスを次々と運び込んでいらっしゃいました。

DSCF6811

DSCF6821

また農園の方にもお邪魔させて頂きました。

DSCF7131

外は真っ白な銀世界でしたが、ハウスの中は春を思わせる色とりどりの可愛らしいラナンキュラスが咲き揺れていました。

とても手入れされ行き届いた管理状況を見て、お花の品質やクオリティに繋がるものを感じました。

 

DSCF7102

フラワースピリットさんは約20人ほどの生産者さんが集まったグループです。

知識やノウハウを共有し生産されるラナンキュラスやトルコキキョウ、スナップなどは色やサイズ、花もちの良さ等どれをとっても群を抜いた品質を誇っています。

DSCF7051

代表の上條信太郎さんは、2012年にオランダで10年に1度開催される花のオリンピック、フェンロー国際園芸博覧会(フロリアード2012)という、世界的な博覧会にご自身が栽培したラナンキュラスを出展されました。

そこでなんと、春の品種コンテストの球根類で最高得点を獲得し1席(1位)を受賞したのです。すごい!

それがこちらのラナンキュラス。

DSCF6975

めちゃくちゃ綺麗ですよね!

品種名はラナンキュラスのビガー・ホワイト。今は『煌(キラメキ)』という品種名で生産されています。

立体感のある柔らかな花弁が幾層にも重なり、最大開花時は13cmから13.5cmと迫力の大きさです。

その美しさは世界でも定評があり、今ではNYから始まりアジア、ヨーロッパ、中国、南はシンガポールまで出荷されています。

まわりの山々は真っ白な雪化粧で、一面雪に囲まれた小さな出荷所から、春を思わせる沢山のラナンキュラスが日本中ならず世界中にも出荷されている事を知ってとても感動しました。

 

そんな世界に誇る生産者フラワースピリットさんで生産されているラナンキュラスを今日は少しご紹介します。

まず、大きな特徴としては他の産地にはない花のサイズです。

DSCF7154

フラワースピリットさんではラナンキュラスを独自のノウハウで大輪系のブランドに育成し、花の直径などで厳格に分類して出荷されています。

中でも最大級の「スーパーローヌ」というサイズは直径13cm以上!

しかも出荷時にこのサイズなので、満開になるとそれ以上の迫力と存在感です。

その次は「ローヌ」で直径11cm以上、「カルノ」で9cm以上と等級分けがされています。

松本の朝晩の温度差や、標高の高さからなる日照時間といった気候が大輪の育成を可能にしました。

昔、大輪のラナンキュラスは茎が弱く、よく折れてしまい扱いづらいお花というイメージがありましたが、フラワースピリットさんのラナンキュラスは大輪に耐えうるしっかりとした茎なので、私たちもアレンジメントやブーケにとても使い易いお花です。

ちなみに、私たちが伺ったこの日に出荷されたラナンキュラスの総本数は約3万本でした。

その中でスーパーローヌとして出荷されたのは114本!とても希少なサイズだという事がわかります。

DSCF6891

もちろん、品質面でも優れています。

鮮やかな色味や繊細な花弁の重なり、大輪に耐えうる花茎の太さ。

そして切り花としては最大の魅力でもある驚異の花もち。

2週間はその美しさが変わらず保つと言われており、良いものだと1ヶ月も咲き誇っているものもあります。

DSCF7067

 

フラワースピリットさんがラナンキュラスを栽培し始めた当時は、花き業界でラナンキュラスは駄花と言われていたそうです。

その中で宮崎の育種家の方と協力し合いながら長野の恵まれた気候を活かし、栽培方法を研究し、流通や私たち花屋とも連携をとりながら今の出荷企画を作り上げ、他にはないラナンキュラスを作り上げたそうです。

私たちFUGAはフラワースピリットさんのラナンキュラスの強さには絶大な信頼を寄せてきました。今回その情熱に触れて、より一層これからもお客様に自信を持ってご提案させて頂こうと思いました。

 

フラワースピリットの皆さん、どうもありがとうございました!

DSCF7160

 

一番松

こんにちは。広報の上杉です。

今年も残す所あと一週間となりました。

まだ世間ではクリスマスが終わっていませんが、FUGAでは昨日より早くもお正月ムード一色です。

店頭では今年も毎年恒例の「一番松」のレイアウトが行われました。

 

まずは、この「一番松」がどのような松なのかというと。

FUGAでは主に「競り」で花材を仕入れています。

市場ではあらゆる種類の花が競りにかけられ、その膨大な種類と量の中で、その日一番輝いている花を見極め競り落とします。

 

そんな市場では年に一度、年末のこの時期に「松市」と呼ばれる松をメインとしたお祭りの様な「競り」が行われます。

市場にはあらゆる種類の松が集まり、都内の花屋さんが年に一度、年末年始に向けた最高の松を競り落とすため早朝から鼻息高らかに意気込みます。

AM7時、競り場に競り人が並び、大きな声で挨拶をした後に「競り」が開始。

その競り人が、満を持して今年1本目となる大きな松を掲げます。

 

はい!これが「一番松」です!

そうです!「一番松」とは年に一度の松市で、一本目に競られる松の事です!!

 

「競り」は鮮度が良くて綺麗なもの、立派なものから順番に競りにかけられていきます。

もちろん、松市も例外ではなく、その一本目となる松は枝ぶりも色も形もその年の松市では一番の松。

僕たちはそれを「一番松」と呼んでいます。そのままですね!

それを毎年、FUGAは競り落としているわけです。

 

どれだけ凄いかを伝えるのに少し熱くなってしまいましたが…

イチ花屋がそのような松を競り落とすのはやはり珍しい事のようで、普通であれば仲卸業者の方が競り落としてホテルやデパートに納品されるレベルの松でもあります。

ちなみに、こちらがその「一番松」です。

DSCF5813

枝ぶり、色、大きさ、どれをとっても申し分ない松!

FUGAでは毎年、店頭のど真ん中に、これまた店で一番大きな器を使ってこの「一番松」を堂々といけ込みます。

DSCF5811

男二人で運ぶ搬入はさながら神輿のようです。

DSCF5820

DSCF5844

天井に届くほどの大きさ!圧巻です。

スタッフからも歓声があがるほどの迫力でした。

その後、まわりに千両やその他の松などをレイアウトして、今年はこのようなディスプレイとなりました。

DSCF5867

皆様、見に来て頂くだけでも価値のある「一番松」です。

写真ではわからない苔のついた木肌の渋さなども感じれますので、ぜひ店頭にて間近でご覧になってみてください。

とても渋くてカッコイイです。

 

今回は僕たちスタッフも歓喜した「一番松」のお話(自慢)でした。

あと4日!

こんにちは。広報の上杉です。

オリーブフェア開催まであと4日となりました!

一緒に盛り上げて頂くSOUJUさんも現地でオリーブの収穫、真っ只中です!

今週中頃にオリーブの木や加工品がFUGAに届く予定なのですが、どんなオリーブが届くのかすごくワクワクしています。

 

そんな現地で頑張って頂いている傍ら、僕たちFUGA一同はフェア開催までに東京で出来るだけ多くの人にフェアを知ってもらう為あらゆる方法で宣伝を行っています。

その中で先日、FUGAでは初となる『駅貼りポスター』を敢行いたしました!

その第1回目となる駅はなんと『代官山駅』!

daikanyama

カフェやショップが並び、オシャレな街として大人気の駅にオリーブフェアを掲げてみました。

改札とホームに一枚ずつ掲示しており、ポケットにはフェアのパンフレットが入っておりますので、ぜひ手とってご覧ください。

そしてこの代官山駅は今回のフェアで協賛して頂いているGARDEN HOUSE CRAFTSさんの最寄駅でもあります。

代官山ログロードにありますGARDEN HOUSE CRAFTSさんではSOUJUのオリーブを使ったフォカッチャを販売しており、このフェアに協賛して頂くきっかけとなりました。

olivefocaccia

このオリーブフォカッチャ、お値段もお手頃で物凄く美味しいんです!

もちろん、フェア中はFUGAでもこのフォカッチャを販売して頂く予定です。

そしてなんと!

当日はフェア限定商品として「オリーブ デニッシュ』を販売予定!数量も限定での販売となります!

こちらのお写真はございません。実は僕たちも現状まだ実態を知りません。

ですが、確実にオシャレで美味しい印象は受けました!とても楽しみです!

 

企画が盛り沢山で、もはやFUGAスタッフ自らが楽しみになっているオリーブフェア!

皆様も是非、一緒に楽しみましょう!

 

上杉

花屋の知られざるサービス「とりまとめ」

こんにちは。広報の上杉です。

最近、自転車を新調しまして、街中を走り回る事が多くなり、表参道や渋谷など、新しくオープンするお店をよく見かけます。

そういったお店の前に並ぶお花も職業柄すごく気になる訳ですが、とても華やかに彩られてはいるものの、やはり様々なお花屋さんから届けられてくるので、大きさも種類もまちまちで統一感があまり無かったりします。

 

実は、そういった問題を解決するサービスが、世の中のお花屋さんにはある事を皆さんご存知でしたか?

 

それが「とりまとめ」というサービスです。

まずはご説明の前に僕たちが行った、とりまとめサービスの事例写真をご覧ください。

001

「とりまとめ」とは、お店や会社に贈られるお祝い花を、ひとつのお花屋さんが窓口となり、一挙にとりまとめて納品や設置、撤去までを全て行うサービスです。

多数の送り主様方の把握はもちろん、見た目の統一もはかれる上、贈られるお店や会社のスタッフ皆様が作り上げたブランドの個性を際立たせ、ショップのオープン当日やオフィスお披露目の日を、より一層華やかに彩る事ができます。

 

こちらもショップのイメージに合わせて統一感を持たせたとりまとめの数々です。

003

008

 

また、ご予算も一括でとりまとめられるので、個々のアレンジメントではなく連名で大きな花瓶のいけ込みや、その季節の枝物を使ったいけ込みが可能なのも魅力の一つです。

005

004

007

お花や枝物を使ったアレンジメントの他にも、個性的な器を使った観葉植物など、そのお店の雰囲気に合わせて多種多様にご用意する事も可能です。

 

僕もこの業界に入るまでは、このようなサービスがあるなんて全く知りませんでした。

その内容も画期的ではあるのですが、現状あまり認知されていないサービスでもあります。

 

もちろん、FUGAでも「とりまとめ」サービスをやっております。

幅広い種類の花材や植物、背の高い枝物から独自のルートで仕入れている個性的な観葉植物、かっこいいオブジェなんかも取り扱っていますので、どんなご要望でもご相談ください。

 

しかし、「とりまとめ」という言い方はどこか業務的な印象を感じてしまうのは僕だけでしょうか?

思い切って直訳英語で「Compiled Service」なんて言っちゃうのもカッコよくて良いかもしれません。

 

今回は意外と知られていないお花屋さんのサービス「Compiled Service」のお話でした。

 

上杉

HP用写真の撮影現場レポート -Autumn-

こんにちは。広報の上杉です。

10月に入って気温も秋らしくなり、先日FUGAのHPも秋を境に装いが変わりました。

2015_10top

何度かHPを見て頂いてる方もいらっしゃるかと思いますが、本日はFlowerのページで使われているこちらの写真の撮影風景をご紹介しようかと思います。

Capture One 6074_2

 

実はこの写真、元はこのような場所で撮影が行われておりました。

 S__9306119

後ろのパイプを気にしたり、レンガの質感を極力抑えながら、田舎の生い茂った場所をイメージする…

アングルの中だけを徹底して作り込み、カメラを覗きながらレイアウトしていくのは少し特殊な装花だけあってすごく楽しかったです。

DSCF4062

左下のコスモスのように写真では写らない足元や、アングルの外などは普段使わない手法で試行錯誤しながら花材を設置します。

 

細かい部分もしっかりチェックして…

DSCF4080

 

チェックして…

DSCF4077

 

カメラマンの平田かい氏を待たせても尚、細かくチェックして…

DSCF4063

いざ撮影!

お陰様でとても素敵に撮って頂けました!

かいさん、ありがとうございます!

 

ちなみにテーブルの上は別アングルだとこのような感じでした。

DSCF4085

テーブルの上のパンはこの後スタッフが美味しく頂きました。

 

ちなみに、この日は同じHPのTOPで使用するクリスマス素材も一緒に撮影しました。

特別に撮影現場の写真を1cutだけ…!

DSCF4096

クリスマスではあっと驚く仕掛けをHPで披露しようかと思っております!

皆様、是非お楽しみに!

 

上杉

DES POTS

 

中国南東部で明の時代(1368−1644)から

その技術が連綿と受け継がれてきた  ‘ Blanc de Chine ‘

芸術的とも言える繊細な作品は職人の熟練させた技術の賜物です。

 

その特徴を細かい部分まで表現された 菊・蓮・牡丹…

様々な花が全面に施されたDES POTSのフラワーベースをご紹介します。

 

h:30㎝

w:約23㎝

¥45,000+tax

 

夏の涼

6月よりFUGAエントランスでは

夏に向けて日本の涼を楽しめる商品を沢山ご用意致しました。

その一部をご紹介いたします。

紅葉

季節の移り変わりを感じられる紅葉は

日本人の心を揺さぶる植物のひとつではないでしょうか。

今回 枝垂れているもの葉に模様のあるもの 様々な色や枝ぶり葉の形をした紅葉を

ご用意いたしました。

青枝垂 ¥15,000+tax

 

苔玉

スタッフが一つ一つの植物の根を土で包み玉状にし

表面に苔をあしらいました。

それぞれの枝ぶりや特徴に合わせて仕立ててあります。

その丸いかたちと苔のもつ味わいは鉢植えとは違った楽しみ方、飾り方ができます。

山紫陽花

梅雨の季節一番輝くのは紫陽花でしょう。

今年は風情あるヤマアジサイを苔玉にしてご用意してみました。

林や沢の周りなど明るい木漏れ日かかる場所に自生している紫陽花。

飾っているだけで涼やかな印象を与えます。

山紫陽花苔玉¥1,500+tax

 

炭のオブジェの壁掛け作りました。

漆黒の炭の色はかけているだけで夏でも涼しげな印象を与えます。

サイズはご要望に合わせてお作りすることも可能ですのでご相談ください。

size:51×146(cm)¥250,000+tax

 

全て一点ものになります。

ご自宅にあった枝ぶり、大きさの植物たちを見つけたい方はぜひお早めに足をお運びください。

 

 

トルコキキョウの生産地見学に行ってきました。

今回は千葉の佐瀬農園さんの農園見学に行ってきました。

佐瀬さんの作るトルコキキョウは上質でとても保ちがよく、市場でも定評があります。

実はフリンジ八重咲きのトルコキキョウの生みの親でもある佐瀬さん、仕事に対する熱意は並大抵ではありません。
当初は野菜の生産をしていましたが、新しい品種を生み出していくトルコキキョウの生産に移行してからは、その魅力にすっかり取り憑かれ、今に至るそうです。
そして、それを支えているのが笑顔のとっても素敵な奥様。
佐瀬農園のトルコキキョウは、貴公子、曙、蝉しぐれ、など和のネーミングになっていますが、その名前を考えているのも奥様だそうです。
「お父さんが花の生産を始めてくれたおかげで、毎日楽しく仕事をしています。」と、奥様。
こうして御主人の情熱と、奥様の優しさで、素晴らしいトルコキキョウが産み出されているのですね。
そんな佐瀬農園さんの一押し新作のトルコキキョウも見せていただきました。
こちらはべっぴんさん。
ギザギザの花びらが重なりあって
とても繊細。
こちらはハイカラさん。
花びらの先がとがっていて、八重咲きだけどなんとも涼しげ。
こちらの2種は、まだ市場に本格的には出回っておらず、今回特別にFUGAに出荷していただきました。
今までにない咲き方は、ぱっと見た瞬間何の花かわからないような新鮮な印象を与えてくれます。
また、温かくなってきたこの季節に嬉しい花保ちの良さで、環境が合えば2週間ほど楽しめるところも魅力的です。
これを期に、佐瀬農園さんのトルコキキョウの魅力をもっともっとたくさんの方々にお伝えできればと思っています。
来たる5月10日母の日の贈り物としてもぴったりの”べっぴんさん”と”ハイカラさん”。
生産量が少なく、珍しいトルコキキョウです。
数に限りがあるので、お早めのご予約をオススメします。

最高のクレマチスを作る渋谷園芸 渋谷宗一さんに会いに行ってきました。

今回は自分のベスト5にも入る大好きなクレマチス、その中でも特にかわいい品種のみを独自に作り続けているセンスあふれる長野県伊那市の生産者 渋谷さんに会いに行きました。

前々から渋谷さんのクレマチスは、他と違いナチュラルでそれでいてしっかりしていて、

花はもちろん、茎も葉もかわいすぎるのを見ていた私は勝手に渋谷さん像を造りあげてしまっていたのですが 、実際に会ってみてやはり想像通りの方でした。

クレマチスの愛にあふれ、自分の切ったクレマチスに責任をもち  もっとよい品種、もっと良い育て方が無いか日々考え進化されていました。

さすが一流のものは一流の人から生まれると再確認しました。

そして農場がこれ以上はできないというほどキレイでした。

 

 

 

・渋谷さんのこだわりのベルテッセン

 

花も葉もツルの先も全部かわいいとご自身で言っておられましたが、その通り!

FUGAでも余す所のないように使わせていただいております。

 

 

 

・渋谷さんのホワイトジュエル

これもクレマチスの原種の一つ

さりげない白い花と爽やかなグリーンがこれからの季節どんな花とも相性が良いです。

 

 

 

・切花にできそうな品種を見つけてから実際に出荷できるまで早くても8ー10年かかるそう

まだ市場に出ない魅力的な品種もありますがあと8年待ってくださいと言われました。

8年後この品種が無事に出荷される時は真っ先に送ってくださいと伝えてきましたのでこれから楽しみです。

 

 

 

もともとカーネーションを作っていた渋谷さんがクレマチスの魅力にとりつかれてその生産のみ

始めるようになってから14年ほど。

渋谷さんの手により作り出された品種も沢山あり、さらに新しい品種を作っていきたいとのこと。

もうすぐクレマチスの旬である初夏がやってきます。

最高の花をお店に届けてもらえるようお願いしてきました。

最盛期を迎える6月頃、渋谷さんのクレマチスをたくさんのみなさまにお届けできるようフェアも

現在企画中ですので 楽しみにしていてください。

切花担当 宮原

 

 

桜の季節です。

そろそろ桜の季節がやってきます。

FUGAでもお花見のご依頼が増えてきました。

今回、今週末に控えた桜の活けこみに使用するために沢山の河津桜を用意していただいている

枝もの切り出しをしている厚木の生産者さんの「山秀」金子さんの仕事場にお邪魔いたしました。

 

私達の仕事のためにどんな桜をきってくれているのか ワクワクしながら桜を収納してある小屋の中へ。

入った瞬間に桜の大きさ、迫力に圧倒されてしまいました。

本場、伊豆の河津で金子さんが選び抜いてくださった桜たち。

河津桜特有のピンク色はとても濃くて美しく、枝ぶりも見事なものでした。

沢山の方々に見ていただき楽しんでいただける自信がわきました。

 

このお花見の活けこみの様子はまた後日ご報告させて頂きます。お楽しみに!!